会社案内
商品案内
コラムの広場
オンラインショップ

冷凍うどんの秘密
ブログ


製品の原材料情報
組織構成

新たな“FROZEN MAGIC”を生み出す源は、スペシャリスト集団としての「組織力」です。

商品企画商品開発製造加工営業品質管理

  
 
商品企画部は、商品の企画・立案全般を担当する部門で、徹底した市場分析、情報収集、クライアント調査を行い、その結果を商品コンセプトにまとめ、“次のヒット商品の種”をまいていきます。社長直轄の独立部門であり、商品分野ごとに担当者を置き(トンカツ担当、麺担当等)、各部門との調整・連携など、司令塔的な役割を担います。

  
 
商品開発部門が大切にしているのは「一般のお客様の感覚」。全国の惣菜店や専門店を巡り、人気商品や嗜好をキャッチしています。商品開発の基本コンセプトは、「見た目・香り・音(シズル)・食感・味(食べたときの感動)」という“五感”を意識すること。これに、コスト、クオリティ、製造方法を加味し、トータルな視点で商品に集約させています。

  
 
“冷凍食品での再現が難しい手づくり感のあるものを、自動化し、効率的に生産する。”この相反する課題をクリアすることが、製造加工部門に課せられた永遠のテーマです。その実現のために、機械メーカーと共同開発のオリジナルマシンを多数設置。これらを駆使して、生産性向上、多品種、小ロット生産に対応できるように努めています。

  
 
営業部門が目指しているのは、「主力3商品におけるスペシャリスト」であること。素材の知識(豚の産地・品種等)、新しいメニュー提案、情報提供、商品ラインナップの充実、特注対応など、大手総合メーカーにはない専門性に磨きをかけていきます。

  
 
品質管理部は、品質管理課と検査課からなります。品質管理課は、お客様相談室的な役割を担うほか、グループ会社を含めた全工場の品質面の管理を行っています。検査課では、全商品の品質検査を担当しており、細菌・官能・理化学検査等を実施。日々、100以上の検体の検査を行い、「おいしさと安心・安全」の両面の品質管理を徹底しています。